2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめBLOG

  • Time is up
    りっちさんのブロクです。心と体、音楽、ファッション・美容など、色々な内容の記事が書かれています。
  • 旅は道連れ 気まま日記
    養護学校の教師をしている橘みかんさんのブログです。学校での生活の様子や、旅行が好きということで、これからは旅行の情報も期待できそうです。
  • 黒瞳のうさぎ
    お酒、心理学、旅行、温泉を愛するうさぎさんのブログです。写真付きの楽しい生地が多いです。
  • いい酒・夢気分♪
    アメリカのお住まいのモリビルさんのブログです。大好きなビールのことを中心に、楽しい話題が満載のブログです。
  • ちゃつねの独り言と写真館
    多趣味なちゃつねさんのブログです。アウトドア、クルマをはじめ、話題の豊富なブログです。
  • おしゃれまっちのすてきせいかつ
     旅の大好きなまっちさんのブログです。膨大な旅行記は読み応えがあります。旅の途中で撮った写真を見るのもとても楽しいですよ。
  • UME Blog
     旅行が好きなUMEさんのブログです。毎回テーマのしっかりとした旅をされていてとても興味深い旅行記を書いています。
  • 日常彩彩
    エムエムさんのブログです。社会の出来事について、気になったことを鋭く、それでいて優しい視点で書いています。時々掲載する写真もとてもいいです。
  • five-half blog
    福島県いわき市で美容室「five-half」を経営している谷口さんのブログです。家族のこと、お客さんとのふれあいなど興味深い記事が満載です。
  • 岡本パンスタジオ
    仙台市で自宅および福祉施設等でパン、ケーキ作りの講師を行っている岡本さんのホームページ&ブログです。これを読むと今すぐパンを作りたくなること確実!

« いろんな人がいていいじゃない | トップページ | 高齢化社会とクルマ »

喜連川を行く

栃木県さくら市の喜連川は江戸時代、喜連川氏(足利氏)5000石の城下町であり、奥州街道(江戸〜粕壁〜宇都宮〜喜連川〜白河)の宿場町でもありました。明治時代以降、東北本線や国道4号などの主要交通路は西側の矢板、西那須野を通るようになり、喜連川は発展が遅れました。その分、江戸時代の町割りや堀などが残っており、今にも武士がやって来そうな風景が残っていました。

この喜連川藩は江戸時代におよそ300家あった大名(300諸侯ともいいます)の中でも際立った特徴を持っています。まず、ひとつは最小の石高(米の取れ高)、大名は最低でも1万石、金沢にあった加賀藩は103万石、鹿児島にあった薩摩藩は73万石、仙台藩は62万石、貧乏大名を描いた映画、「超高速!参勤交代」の湯長谷藩(福島県いわき市)ですら1万5000石、つまり相当な貧乏大名であった。しかし、幕府からは特別扱いを受け、参勤交代の必要はなく、軍役などを課せられることもなく、簡単に言えば金のかかることをしなくてもいいし、幕府にこき使われることもなかった。何故そうなったかというと、家柄に自信のない徳川氏が自分たちにハクをつけるために、武士で最も家柄が高い足利氏の権威を頼ったというのが真相であろう。その喜連川藩はしたたかに生き延びた。今は小さな町である喜連川は、江戸時代には下野国(栃木県)で宇都宮に次いで栄えた宿場町だった。大きな城があり、二荒山神社があり、日光街道と奥州街道が分岐している宇都宮が栄えるのは当然として、奥州街道沿いにあるがさほど立地条件が良いとは思えない喜連川が栄えたのは、宿場町からの収入に頼った喜連川藩の涙ぐましい努力の賜物だと思われる。050383a63b78483ebf3b922af5b95071

「5C6E7162-4E37-41AC-9341-675367C58356.jpeg」をダウンロード

« いろんな人がいていいじゃない | トップページ | 高齢化社会とクルマ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いろんな人がいていいじゃない | トップページ | 高齢化社会とクルマ »

無料ブログはココログ

BlogParts

  • 投票お願いします!
  • Forester Network
  • クリック募金
  • BlogPet

-占い-

ウェブページ