2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« いろんな人がいていいじゃない | トップページ | 高齢化社会とクルマ »

喜連川を行く

栃木県さくら市の喜連川は江戸時代、喜連川氏(足利氏)5000石の城下町であり、奥州街道(江戸〜粕壁〜宇都宮〜喜連川〜白河)の宿場町でもありました。明治時代以降、東北本線や国道4号などの主要交通路は西側の矢板、西那須野を通るようになり、喜連川は発展が遅れました。その分、江戸時代の町割りや堀などが残っており、今にも武士がやって来そうな風景が残っていました。

この喜連川藩は江戸時代におよそ300家あった大名(300諸侯ともいいます)の中でも際立った特徴を持っています。まず、ひとつは最小の石高(米の取れ高)、大名は最低でも1万石、金沢にあった加賀藩は103万石、鹿児島にあった薩摩藩は73万石、仙台藩は62万石、貧乏大名を描いた映画、「超高速!参勤交代」の湯長谷藩(福島県いわき市)ですら1万5000石、つまり相当な貧乏大名であった。しかし、幕府からは特別扱いを受け、参勤交代の必要はなく、軍役などを課せられることもなく、簡単に言えば金のかかることをしなくてもいいし、幕府にこき使われることもなかった。何故そうなったかというと、家柄に自信のない徳川氏が自分たちにハクをつけるために、武士で最も家柄が高い足利氏の権威を頼ったというのが真相であろう。その喜連川藩はしたたかに生き延びた。今は小さな町である喜連川は、江戸時代には下野国(栃木県)で宇都宮に次いで栄えた宿場町だった。大きな城があり、二荒山神社があり、日光街道と奥州街道が分岐している宇都宮が栄えるのは当然として、奥州街道沿いにあるがさほど立地条件が良いとは思えない喜連川が栄えたのは、宿場町からの収入に頼った喜連川藩の涙ぐましい努力の賜物だと思われる。050383a63b78483ebf3b922af5b95071

「5C6E7162-4E37-41AC-9341-675367C58356.jpeg」をダウンロード

« いろんな人がいていいじゃない | トップページ | 高齢化社会とクルマ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いろんな人がいていいじゃない | トップページ | 高齢化社会とクルマ »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ