« 未来のために踏ん張る時だろう。 | トップページ | 走れ! 三陸鉄道リアス線 »

電車でgo! バスでgo!

クルマ(自家用車)とはとても便利なものである。時刻表がなく、いつでもどこにでも生きたい時間に行きたい場所に行くことができる。しかも自宅から目的地の駐車場まで、乗り換えもなく歩く必要もなく移動することができる。しかも、クルマの中は自分達だけの空間で、誰にも邪魔されることなく、電車やバスならいびきがうるさい人や大声で話す人に不快な思いをすることがない。それ故に、地方の人はクルマ中毒と言っていいほどどこに行くにもクルマしか使わない。私はそれは人生少々損をしているぞと言いたい。

昨日、私たちは自宅近くのバス停から路線バスでいわき駅前に出た。いわき駅前から高速バスで福島駅前に向かった。普段は私がクルマのハンドルを握ることが多いから、さほどよそ見をする訳にはいかない、バスの乗客になればよそ見をし放題になる。普段見れない景色が見放題というのはなんと素晴らしいことだろう。福島駅前に着いたら、駅近くの餃子屋さんに直行した。餃子といえば宇都宮や浜松が有名だが、福島も餃子の町なのだ。円盤餃子といって、小ぶりの餃子がフライパンの形そのままに並べてある餃子をつまみに真昼のビール、これは贅沢な気分だね。クルマでの旅なら、私か妻か、どちらかはビールを我慢しなければならなかったが、今回は2人でビールを飲める。腹が満ちたところで、飯坂線の電車に乗って飯坂温泉に行って温泉街の情緒を堪能して、再び飯坂線の電車で福島駅に戻った。少し疲れたので、駅ビルのカフェでコーヒーでも飲もうと思ったら、メニューには生ビールの文字が。結局、福島の町並みと行き交う電車を見ながら生ビールを堪能しました。その後、駅前のデパートで買い物を楽しみ、高速バスと路線バスを乗り継ぎ自宅へ戻りました。普段、クルマでの移動がほとんんどだった妻にとっては新鮮な経験だったようで、何度も楽しいと行っていました。

クルマの便利さや快適さを否定するつもりはさらさらありません。しかし、それが楽しさの幅を狭めているのだとしたら、もったいないことだと思います。地方の人こそ、たまには電車やバスに乗って、クルマでは行きにくい町の中心部や観光地に行ってみると楽しいと思います。美味しい料理にはお酒が合うし、お酒を飲んでも、電車やバスなら何の心配もいりません。そして、駅前にはその地域に根付いた店がたくさんある。たまには電車やバスでいつもと違う楽しみを!

« 未来のために踏ん張る時だろう。 | トップページ | 走れ! 三陸鉄道リアス線 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 未来のために踏ん張る時だろう。 | トップページ | 走れ! 三陸鉄道リアス線 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ