« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月の2件の記事

台風19号、その後

 台風19号による水害から1週間が経ちました。夏井川の洪水があった地区では、この1週間の間に、泥だらけの道路が少しきれいになり、路上のに放置されていたクルマがだいぶ撤去されました。場所によっては1階の天井近くまで浸水した家屋や店舗も泥のかき出しや掃除が始まり、一部では開店した店舗もあります。しかし、平浄水場が浸水で被害を受け、未だ断水しており、復旧の目処が立たず、公民館や公園に設置された給水所が頼りです。また、公園や道端には水害で出たゴミがうず高く積み上がり、断水と合わせて衛生状態の悪化が心配です。
 私は辛くも自宅の床上浸水は免れましたが、床下浸水、クルマが1台水没という被害を受けました。幸い、私も家族も怪我はなく元気ですが、断水の解消までは日常生活の完全な復旧には至らなそうです。救いは電気が通じていること、市内に被害のなかった地区があり、少し移動すれば買い物に困らないこと、何より、家族や親族、友人、職場の人からの温かい言葉や支援があったことに助けられています。

変わるモーターショー

  ドイツのフランクフルトモーターショーは、 世界でも有数のモーターショーである。かつて世界5大モーターショー(フランクフルト、デトロイト、パリ、ジュネーブ、東京)のひとつと言われた東京モーターショーは今では日本の自動車メーカー中心のローカルモーターショー化が進んでいるが、フランクフルトモーターショーも多くな変化が起きているようだ。

  ひとつは、自動車メーカーの出展の縮小。かつて日本の自動車メーカーもフランクフルトモーターショーにこぞって出展していたが、今回はトヨタ、日産、マツダ、スズキ、スバル、三菱が出展を見送った。日本以外の自動車メーカーも、プジョー、シトロエン、フィアット、アルファロメオなどが出展を見送っただけでなく、お膝元のドイツの自動車メーカーの中でもメルセデスベンツ、スマート、BMWなどが出展の規模を縮小し、かなり寂しい内容になったようだ。代わりに中国の自動車メーカーが出展を増やし、ここは北京か上海かという状況になったようだ。

  もうひとつの大きな出来事は、フランクフルトモーターショーの開催初日に、環境保護団体が抗議デモを行い、内燃機関(ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、もちろんハイブリッド車も含む)を使わない交通環境を訴えた。ドイツはヨーロッパにおける自動車産業の本場というべき国でこの動きは驚愕に値するだろう。

  日本やドイツなどの先進国ではとっくにクルマがある生活が当たり前になっている。むしろ日本では都市部への人口集中により、クルマを必要としない人が増えてきた。クルマが夢の存在から、冷蔵庫や電子レンジのようなあって当たり前の存在になってきたのではないかと思う。そのような意味では、これからクルマの普及が進む中国や東南アジア、インド、中近東などのモーターショーが盛り上がったり、これらの国々の自動車メーカーが展示に力を入れていくのではないかと思う。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ