2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« もう3度目の夏 | トップページ | 科学技術大国?日本 »

今年の夏もおかしな夏か

 夏は暑いし雨が多い、こんなことは最近始まったことではない。おそらく日本列島が今の場所にあった頃からそうだったのだろうが、近年の夏は暑さも雨の多さも極端になってきている気がする。

 地球温暖化という言葉は、もうずっと言われてきている。気象庁の統計の上からもここ数十年、日本各地の平均気温は上昇傾向にある。そして今年の夏も早い梅雨明けと猛暑であった。気象データを見ても、私が住む福島県いわき市小名浜の7月の平均最高気温は、私が子供時代の1980年代は23℃から26℃程度が多かったが、今年の7月の平均最高気温は28.1℃、ずいぶん暑くなったわけだ。雨の降り方も変わった。かつては梅雨の初めはしとしとふるあ目が多かったが、最近は梅雨の初めから大雨になることが多い。このことはラジオの番組で気象予報士の方が指摘していたし、私の実感としてもそうだと思う。

 そして、今回、青森県から福井県にかけての広い範囲で大雨になった。線状降水帯が発生し、山形県では最上川が洪水を起こしたり、福島県では磐越西線の橋が流されるなど、大きな被害を出した。数十年に1度の大雨が毎年全国で複数起きている。明らかに雨の降り方が変わってきている。

 異変は海でも起きている。北海道でかつてあまり獲れなかったブリが豊漁になり、秋刀魚やサケの漁獲量が減った。海水温の変化が原因とされる。地上だけでなく、海中でも地球温暖化の進行が見られる証拠であると思う。

 もちろん、地球の気候は絶えず変化している。過去には氷河期もあったし、ジュラ紀など恐竜の全盛期は今よりずっと暑かった時期もある。火山活動や生態系の変化、大陸の移動などがある。とはいえ、昨今の気候変動はあまりに急すぎると思う。この気候変動に、温暖化ガス排出などの人為的な影響が絡んでいるのだとすれば、逆にこれは私たちの手でどうにか出来るチャンスなのだと思う。私たちの生活のあり方、産業のあり方、出来ることから変えていきたい。

« もう3度目の夏 | トップページ | 科学技術大国?日本 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もう3度目の夏 | トップページ | 科学技術大国?日本 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ