2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 科学技術大国?日本 | トップページ | 高校野球は変われるか »

太平洋戦争はアジア解放のための戦いか?

 「太平洋戦争は白人が植民地支配していたアジアを解放するための戦争だった」このような言葉は昔から一部の人たちによって使われていた。果たしてそうなのだろうか?

 太平洋戦争の初期、日本はフィリピンやマレーシア、インドネシアに侵攻し、現地を統治していたアメリカやイギリス、オランダの勢力を追い出した。インドネシアでは、独立運動の指導者であるスカルノを解放するなど、大胆な策に出た。しかしそれはあくまでも日本のために過ぎなかった。

 太平洋戦争当時、フィリピンに住んでいた女性はこのように書き残していた。「アジア人のためのアジアが戦争のスローガンだ。しかし、なぜ日本人がアジア人の盟主でなければならないのだろう」。この女性が感じた疑問は100%正しいのだと思う。 

 戦争を始める時には古今東西、どこだってもっともらしいスローガンを掲げて戦いを始める。「侵略するぞ、略奪するぞ」と言って戦争を始めた国など聞いたことはない。終戦の日に改めて言いたい。太平洋戦争は侵略戦争であった。その過ちを認める勇気を私たちは持たなければならない。

« 科学技術大国?日本 | トップページ | 高校野球は変われるか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 科学技術大国?日本 | トップページ | 高校野球は変われるか »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ