2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

2022年12月の8件の記事

2022年もありがとう

 今日は2022年12月31日、今年も今日で終わりです。皆様にとってこの1年はどのような年でしたか?今年はウクライナとロシアの間の戦争の他に、アジアでも中国とアメリカの間の緊張が高まるなど、平和が大きく揺るがされた1年だったと思います。そのような中、私は元の職場の方と久しぶりに旧交を温め、楽しい時間を過ごすことができました。また、遠くに行けない分、地元のいいところを探したり、地元の美味しい店を探すこともなかなか楽しい時間でした。

 このブログももうすぐ19年目に入ります。今日現在のこのブログの通算の閲覧回数は181,421回で、昨年と比べて8520回増えました。1年あたりだと平均10,079回、1日だと平均27.6回、今年に限れば1日平均23、3回になります。中には1度きりのご縁だった方もいると思います、また100回以上のご縁だったと思います。全ての出会いに感謝感激です。また、記事総数は1852本です。

 今年1年皆様には本当にお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします。そしてどうぞ良い年をお迎えください。

東京消防庁よりのお知らせ

年末年始、餅を食べる機会が増えますが、喉に詰まらせる事故も増えます。東京消防庁が安全に餅を食べるためのポイントをまとめましたので参考にされてください。 

https://twitter.com/tokyo_fire_d/status/1607286341032624128?s=46&t=dw-NpRHmxSW8CzVeF6fn0Q

タモリの予言

 先日、テレビ朝日の「徹子の部屋」に出演したタモリの言葉が世間を軽くざわつかせている。黒柳徹子がタモリに「来年はどのような年になりそうですか」と質問したところ、タモリは「誰も予測できない。でもなんか、新しい戦前になるんじゃないですかね」との答えた。

 タモリは直接的な言及は避けたが、言いたいことは私にも伝わったし、私も同じことを危惧している。ロシアとウクライナの戦争はまだ終わる気配がないし、アメリカと中国という現代の超大国同士の緊張関係も高まっている。そして、もうすぐ3年になるコロナ禍で多くの国では経済が疲弊している。難民や移民を排斥しようとしている人も増えている。

 戦争はよくない、戦争は大きな犠牲を伴う、戦争の後には悲しみと憎しみだけが残る、そんなことは誰だってわかっている。しかし、戦争を繰り返してきたのが人間の歴史。タモリも、多くの人も、そして私も抱いている危惧が現実のものにならないことを切に願う。

進め、ラッピングトラック

本日、フラシティいわきのラッピングトラックの出発式がありました。市内の高等学校、特別支援学校のフラダンス部の写真といわき市の名所が大型トラックにラッピングされています。

 

いわき市は1960年代のエネルギー革命で炭鉱が斜陽になった後、豊富な温泉を生かして日本のテーマパークの先駆けとなる常磐ハワイアンセンターが作られました。そこで披露されたのが、フラダンスです。その経緯は「フラガール」という映画になりました。

 

現在では高校生のフラダンスの全国大会、「フラガールズ甲子園」が開催され、いわき市はフラダンスの町として知られるようになりました。今回のラッピングトラックがいわき市のPRにつながることを願っています。

C4316f2c97c748eaaba499649c3f85cc8c6bec7f99e24d5abc9b4fd31b0c6af7

「コーヒー2050年問題」

「コーヒー2050年問題」をご存知でしょうか?現在、世界の主力品種として栽培されているアラビカ種のコーヒーが2050年までに気候変動の影響で栽培に適した土地が現在の半分になってしまうと言われています。

 私はコーヒーが大好きで、1日に2〜3杯のコーヒーを飲みます。コーヒー豆の需要は新興国を中心に増加中で、生産が減少した場合、当然のように価格が上昇します。経済成長中の新興国は価格が上がっても所得が上がっているからコーヒー豆が上がってもさほど困りませんが、長らく経済が停滞している日本はそうはいきません。至福の1杯がずいぶん高くつくものになってしまうかもしれません。

 気候変動の影響はコーヒーだけではありません。あらゆる農産物の生産に影響が起こり得ます。私はコーヒーは飲まないから関係ないでは済まされない。食料自給率が低い日本では、長期的な経済の低迷による円安と気候変動による農業の不振が相まって、食生活が非常に厳しくなる事態も予想される。まずは私たちひとりひとりが今できることから。過去は変えられないけれど、未来は変えられる。少しでも良い世界を未来の人たちに。それが今の大人の使命です。

80億の「メリークリスマス」

 もうすぐクリスマス。世界各国には様々なクリスマススイーツがあります。フランスのブッシュドノエルやドイツのザッハトルテのように日本でもお馴染みのものら、私も初めて知ったものもたくさんあります。個人的にはイギリスのクリスマスプディングを食べてみたい気がします。

 今年、世界の人口は80億人に達しました。戦争で命の危機にさらされている人、難民として生まれ故郷を追われている人、ホームレスとして寒空の下震えている人、貧困で空腹に耐えている人、そんな人が沢山います。国や宗教、民族などの違いがありますが、格差を減らし、1人でも多くの人が安全な家の中で食べ物がある、そんなクリスマスを迎えられるようになってほしいです。

高齢ドライバーの事故を減らすために(続き)

 高齢ドライバーによる事故が続いているが、これを減らすために、私たちドライバーができることを考えてみたいと思う。

 都会の人が聞いたら驚くと思うが、地方の人はとにかく車によく乗る。数百メートル先のコンビニエンスストアまで行くのにも車を使う。雨が降れば学校の周りの道路は子どもを送迎する車で渋滞する。駐車場事情が悪い昔からの商店街は寂れ、栄えるのは大きな駐車場を完備した大型ショッピングモールやロードサイド店ばかり。道を歩いているのは子どもと高齢者、まるで大人がいない町のよう。おそらく、車が好きというよりは、車に頼りきり、車を使わない生活を考えられ無くなっているのだと思う。

 なるほど、車はいつでも出発できるし、電車やバスのように混雑の心配をすることがない。終電を気にする必要もないし、車内でオナラをしても誰にも迷惑がかからない。誰の視線を気にする必要がないし、どんな会話をしても他人に聞かれる可能性はない。車はまことに便利な乗り物ではあるが、たったひとつ重大な欠点がある。それは、死ぬまで運転をすることが残念ながらできない人が多いことである。

 車と冷蔵庫を比較してみよう。どちらもあれば非常に便利なものである。しかし決定的な違いはある。冷蔵庫を使うには特に資格は要らないが、車を使うには運転免許が必要である。これは冷蔵庫を正常に使った場合、人に怪我を負わせたり、殺してしまう危険性はほぼないが、車の場合、仮に適切に使用したとしても人に怪我を負わせたり、殺してしまう可能性があるからだろう。そして、高齢になって認知機能や身体機能が衰えても冷蔵庫を使いこなすのはそう難しくはないが、車の場合は残念ながらそうではない。完全自動運転が実現すれば認知機能や身体機能が衰えても利用できるだろうが、現在実用化に向けた実験段階だし、実用化はもうしばらく先であるし、実用化しても私たちに買える値段で販売されるかはわからない。

 それではどうすればいいか。はっきり言って、車が運転できないほど認知機能や運動機能が落ちてから車のない生活を考えても遅いと思う。人は歳を重ねるほどそれまで積み重ねてきた生活を変えるのが困難になる。元気なうちから、徒歩、自転車、鉄道、バスなどを使った生活をすることをお勧めしたい。今は便利な地図アプリもあるし、仮に1時間に1本程度しか電車やバスが来なくても、時間を把握すればそれはそれで便利なものだ。駐車場の制約がなくなるから、市街地や駅前にも行きやすくなり、そこだけでしか買えないものや食べられないものにも出会えるだろう。

淀んだ川は腐る

 東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会の会長を務めた橋本聖子参院議員は、2030年の冬季オリンピックの札幌招致は、現状では「非常に厳しい」との認識を示しました。

 東京五輪・パラ大会組織委 橋本聖子元会長(札幌への招致は)非常に厳しいと思ってます。(東京大会と札幌招致は関係ないということが)明確にされない限り、なかなか今の支持率から上がっていくってことは難しいんだというふうに思っております。

 橋本氏は東京地検の捜査が続いている東京オリンピックのテスト大会をめぐる談合事件について、「東京大会の意義と価値が問われる」と述べ、自身も捜査に協力していく考えを示しました。

 また、冬季オリンピックの札幌への招致は、事件の影響で「非常に厳しい」との認識を明らかにし、「新たな札幌誘致のスタートが切れるようにしなければいけない」と述べて、捜査によって早期に事件の実態解明が進むことに期待を示しました。(TBSニュース)

 これだけ金に関する疑惑がある以上、真相解明が優先されるべき。税金を勝手に仲間たちで使ってしまうのは非常に問題。私はオリンピックもそうだけど、統一協会の問題も同じ政党に権力を持たせ続けていることが問題。自浄作用が働かなくなるし、癒着も生まれる。皆さんも苦労して働いた給料から払った税金がこんな出鱈目な使い方をされて悔しくないですか?私は悔しいです。東京オリンピックの金を関する疑惑の追求と、札幌オリンピック招致中止を強く求めます。

« 2022年11月 | トップページ | 2023年1月 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ