人気ブログランキング 12年目の思い: やえもんのひだまりカフェ
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« あの夏、あの本、そして2023年 | トップページ | 大阪駅地下ホーム開業 »

12年目の思い

 今年もこの日になりました。3.11、東日本大震災が発生した日です。もう12年経ってしまいましたが、今でも記憶は鮮明です。経験したことのない激しい揺れ、地震に怯える子どもたちの表情、夜も続いた余震、ラジオから流れる津波の被害、徐々に悪化する原発の状況、水素爆発する東京電力福島第一原子力発電所、疲れ切った顔の原発周辺からの避難者、ガソリンスタンドの長蛇の列、生鮮食料品がない空っぽのスーパーマーケットの店内。毎年この日が近づくと夢の中に出てくることがあります。もちろん、悪いことだけではありません、道路の寸断で商品を送れなくなった市内のパン工場は市民や避難者にパンを無償で提供してくださったし、海外の方々からの応援もありました、全国からボランティアの方々が駆けつけてくれました、警察や消防、自衛隊の方の命懸けの働きもありました、ラモス瑠偉さん、中居正広さん、江頭2:50さんなど著名人の方々が被災地を訪れ私たちを励ましてくださいました。何よし嬉しかったのは、そして各地の友人から気遣いの言葉、職場の仲間たちの団結力でした。高い堤防ももちろん大事、揺れに強い建物ももちろん大事、それ以上に大事なのは人と人とのつながり、3月11日は、家族、友人、同僚、これらの人々に感謝する日にしようと思う。

« あの夏、あの本、そして2023年 | トップページ | 大阪駅地下ホーム開業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あの夏、あの本、そして2023年 | トップページ | 大阪駅地下ホーム開業 »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ