人気ブログランキング ダイハツの不正問題について: やえもんのひだまりカフェ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« もうどうにも止まらない | トップページ | 2024年は軽商用車電動化の年か »

ダイハツの不正問題について

 年末に大きなニュースが飛び込んできた。軽自動車やコンパクトカーを製造するダイハツ工業が1989年から現在まで、新車の認証の試験で法令と異なる方法で試験をしたり、捏造したデータを使用したりしたことが発覚し、現在全ての新車の製造を取りやめている。今のところ、新車の製造再開の目処が立っていない。ダイハツは東南アジアを中心とした海外にも輸出しているがこちらもストップした状態である。

 ダイハツは、すでに製造され、ユーザーに渡っている車については、社内検査に合格しているので、引き続き安心して乗ってほしいと話しているが、これで納得できる人は多くないだろう。不正な試験をした会社が、社内の検査で合格をしたと言われても、容易に信用することはできない。第三者機関で検査を受けて、法令違反などがあればリコール、もし、リコールで対応できない致命的な欠陥があるのなら車を回収して代金を返還するなどの措置をしてほしいと思う。

 ダイハツは今回の不正の背景として、無理な日程での新車の開発があり、試験に不合格していては予定の期間に新車の販売を開始できなくなるというプレッシャーから不正を行ってしまったと説明しているが、これは社内の販売部門と営業部門の連携が取れていない証拠で、理由にならないと思う。できるだけ早くユーザーが納得できる対応策を示すことを願っている。

« もうどうにも止まらない | トップページ | 2024年は軽商用車電動化の年か »

クルマ・ドライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もうどうにも止まらない | トップページ | 2024年は軽商用車電動化の年か »

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ