人気ブログランキング 意地悪日本人: やえもんのひだまりカフェ

« 人間優先の交通環境を | トップページ

意地悪日本人

 日本人は世界最低の意地悪民族かもしれない、いや、きっとそうだろうと思われる出来事があった。

 ことの起こりは、しばらく前、白血病で余命1カ月かと診断された子供がいる親が、Xに「拡散希望です!!!急性骨髄性白血病の再発でもう余命があと1カ月くらいしかない息子に何かできることはないかと考えていて、仮面ライダーが大好きなので仮面ライダーに出演されていた俳優さんにお力添えをいただきたいです」と投稿した。これを見た仮面ライダーに出演していた俳優が子供の病室を訪れ、励ました。ひと昔なら、「ああ、良かったね」で終わる話であったが、残念ながらこれで終わりではなかった。

 Xにこの親の行為をわがままだと批判する投稿がなされ、1万を軽く超える「いいね」がついたのである。

 それではこれからここまで登場した人物の動きを検証してみよう。

 まず、余命1ヶ月の子ども、彼に批判されるところは全くない。子どもはどんな時代だってヒーローが大好きだし、ヒーローの背中を追って大きくなるものだ。仮面ライダーはいつだって子供達のヒーロー、会いたがることに何ひとつ問題はないだろう。

 次にその親、白血病で余命わずかな子どもに少しでも楽しい時間を過ごさせたい、夢を叶えてやりたい、そう考えるのは当たり前の感覚だろう。ダメ元でXに投稿したら、本当に仮面ライダーの俳優が来てくれた、そこで当たり前だと思ったら問題があるが、十分感謝の気持ちを表せたのなら問題ないと思う。

 次に仮面ライダーの俳優、来てくれた方には、他人である私も感謝の言葉をかけたいくらい嬉しいことである。多忙であったり、時間があっても家族や自分のために時間を使うことを選択した人もいると思うが、それはもちろん構わない。

 次に、親の行動をわがままだと批判する投稿をした人だが、そういう考えがあることは否定しない。

 最後に、もっとも恐ろしいのが、この投稿に「いいね」を押した多数の人たちである。どんな気持ちで推したのだろうか。他人がいい思いをすることが許せなかったのか、それとも、自分が特別待遇を受けたかったのかわからないが、せめて、まもなくこの世をさる子どもの最後の願いを聞いてあげる度量は持って欲しいと思う。聞いた話によると、日本人は、他人が得をするのをとても嫌がる民族だという。今回の件では、どこの誰かわからない子どもが仮面ライダーに出演した俳優に会ったということが許せなかったのだろう。こんなことが続けば、足の引っ張り合いになり、誰も幸せになるない荒んだ社会になりそうだ。そして、その結果はあなたに帰ってくるかもしれません。それでいいのか?意地悪日本人。

« 人間優先の交通環境を | トップページ

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間優先の交通環境を | トップページ

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ