2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー「ニュース」の280件の記事

科学技術大国?日本

 世界で2018~20年に発表された自然科学分野で影響力の大きな上位論文数で、日本が世界12位と、統計がある1981年以降、初めて10位以内から脱落した。文部科学省科学技術・学術政策研究所が9日にまとめた調査結果で分かった。日本は研究力の低迷に歯止めがかかっていない。(毎日新聞)

 ちなみに1位は中国、2位はアメリカ。日本の上には10位スペイン、11位韓国がいる。いずれも日本の半分以下の人口の国で、自然科学分野で日本の地位低下は鮮明になってきたと言えるだろう。これに比例して、日本の企業の競争力も落ちてきており、すでにヨーロッパ市場では、家電分野で日本企業の製品を見るのはデジタルカメラとプリンターだけだという。こう言っては申し訳ないが、デジタルカメラもプリンターも他国の企業があまり力を入れない分野の商品だと言える。デジタルカメラは今やスマートフォンのカメラで十分だし、プリンターはペーパーレス化で需要が減りつつある。

 現在日本で世界を相手に稼げる可能性がある産業といえば自動車産業だが、これもだいぶ怪しくなっている。世界各国の自動車メーカーがEVシフトを進める中、日本企業の動きは鈍い。日産自動車、三菱自動車はともかく、トヨタはスバルと共に開発したbz4X(トヨタ)・ソルテラ(スバル)は発売開始早々にタイヤ脱落の恐れで受注停止状態。ホンダのeも発売したものの影が薄い、一部ではEVなど、モーターとバッテリーがあれば技術力が低い企業でも作ることができると豪語している人もいたが、そうではないことを日本の自動車メーカーが証明してしまった。今後、日本の自動酢メーカーがゆっくり衰退していくというシナリオも私にはあり得る話だと思う。

 日本の自然科学分野での地位低下は、教育、科学分野にお金をかけられない財政難、低経済成長が根本的な原因なのかもしれない。そうだとすれば日本は科学技術大国だという幻想を捨て、世界と戦える分野に絞って重点投資をしたり、海外の先進的な研究をしている大学や企業と提携したりして少しでもついていける体制を築く必要がある。過去の栄光にすがってばかりいれば更なる地位低下もあり得ると思う。

今年の夏もおかしな夏か

 夏は暑いし雨が多い、こんなことは最近始まったことではない。おそらく日本列島が今の場所にあった頃からそうだったのだろうが、近年の夏は暑さも雨の多さも極端になってきている気がする。

 地球温暖化という言葉は、もうずっと言われてきている。気象庁の統計の上からもここ数十年、日本各地の平均気温は上昇傾向にある。そして今年の夏も早い梅雨明けと猛暑であった。気象データを見ても、私が住む福島県いわき市小名浜の7月の平均最高気温は、私が子供時代の1980年代は23℃から26℃程度が多かったが、今年の7月の平均最高気温は28.1℃、ずいぶん暑くなったわけだ。雨の降り方も変わった。かつては梅雨の初めはしとしとふるあ目が多かったが、最近は梅雨の初めから大雨になることが多い。このことはラジオの番組で気象予報士の方が指摘していたし、私の実感としてもそうだと思う。

 そして、今回、青森県から福井県にかけての広い範囲で大雨になった。線状降水帯が発生し、山形県では最上川が洪水を起こしたり、福島県では磐越西線の橋が流されるなど、大きな被害を出した。数十年に1度の大雨が毎年全国で複数起きている。明らかに雨の降り方が変わってきている。

 異変は海でも起きている。北海道でかつてあまり獲れなかったブリが豊漁になり、秋刀魚やサケの漁獲量が減った。海水温の変化が原因とされる。地上だけでなく、海中でも地球温暖化の進行が見られる証拠であると思う。

 もちろん、地球の気候は絶えず変化している。過去には氷河期もあったし、ジュラ紀など恐竜の全盛期は今よりずっと暑かった時期もある。火山活動や生態系の変化、大陸の移動などがある。とはいえ、昨今の気候変動はあまりに急すぎると思う。この気候変動に、温暖化ガス排出などの人為的な影響が絡んでいるのだとすれば、逆にこれは私たちの手でどうにか出来るチャンスなのだと思う。私たちの生活のあり方、産業のあり方、出来ることから変えていきたい。

もう3度目の夏

 2020年のはじめに新型コロナウイルスの流行が始まって早くも3度目の夏を迎えた。今年ははじめて行動制限のかからない夏休みとなり、ホテルや新幹線の予約状況もここ2回の夏とは異なり、新型コロナウイルスの流行が始まる前には程遠いものの、これまでの夏に比べれば好調だという。私が住む福島県いわき市でも、花火大会が開かれたり、高校生のフラダンスの大会が行われ、通常の賑やかな夏に近づいている。

 その一方、いわき市も福島県も、多くの都道府県も、そして日本全国でも感染者数は過去最高を記録している。大阪府や東京都などの人口の多い地区では医療体制が逼迫したり、介護施設でのクラスター感染が深刻化している。そのような状況でも、国は緊急事態宣言を出したり、県を跨ぐ移動の自粛を求めたり、飲食店の営業時間の短縮を求めるなどの行動制限は行わない方針だという。

 行動制限を伴う強い措置は人々の行動の自由を規制し、それに対する反発もあるだろうし、飲食店の営業時間の短縮は補償金などお金のかかる問題でもある。そのような状況なので、国などのお上の指示を待つのではなく、私たち一人ひとりが新型コロナウイルスに感染しないための対策を考えながら出来るだけ通常に近い日常を送るしかないのだろうと思う。3度目の夏は改めて私たち一人ひとりが自分で考え行動することが求められた夏だと思う。

 

A君のこと

 私がA君に初めて会ったのが、大学2年の春だった。当時入っていた文化系サークルに新入生として入ってきたのがきっかけだった。A君は背が高かったが、愛嬌のある顔で、威圧感など全く無縁の男であった。私とA君はすぐに仲良くなり、サークルが終わった後に、彼の住んでいるアパートの部屋で酒を飲み明かしたことが何度もあった。

 彼は、浪人をして、誰もが知っている都の西北にある有名大学に合格していたがそれも蹴って故郷から遠い仙台にあるこの大学に入ってきた。社会福祉について学びたいという強い希望を持っていた。私は驚いたが、彼の強い意志には私も驚いたし尊敬もした。しかし、彼の表情は夏休み明けから曇りがちになった。大学の講義の内容、教授、そして学生、全てが彼が思い描いていたものとは違ったようだ。私は彼の悩みに気づいたものの、彼にうまくアドバイスすることはできなかった。

 私が3年生になってすぐ、思うところがあり私はサークルを辞めた。彼とも会いづらくなり、何度か立ち話をする程度の関わりしか持てなかった。やがて、人づてに彼が統一教会と思われるカルト宗教にはまってしまい、大学に姿を見せなくなったという聞いた。まさかと思い、彼の住んでいるアパートの部屋に行ってみたが、すでに人の気配はなかった。当時は携帯電話が普及する前で、連絡をとる手段が全くなくなってしまった。

 その後彼がどこでどういうふうに生きているかは知らない。願わくば、彼が元気でいることを願いたい。そしてできるだけ早い時期に統一教会と思われるカルト宗教から離れてほしい。カルト宗教に長くいればいるほど、彼が被害者だあるばかりではなく、加害者として、新たな信者を勧誘して洗脳したり、霊感商法に従事してしまう可能性が高くなる。それだけは友人として耐えられないことである。

 統一教会は、1960年から今に至るまで、学生を中心とした若い人を引き込んで様々な活動に従事させる原理研究会の活動が問題視されてきた。他にも、霊感商法、合同結婚式、信者に高額の献金を強いるなど数々の問題を引き起こしてきた。それが許されてきたのは政界との癒着があったから。今回大きな事件があって統一教会の問題がクローズアップされたが、この機会にこれまで隠された問題が明らかになり、被害者の救済が進むことを期待したいし、もしA君が今でも統一教会に留まっているのだとすれば彼の人生の再出発を支援したいと思う。

あるのに見えていないもの

 7月2日に発生したKDDIの通信障害では、auを中心とする3915万回線に長いところで3日以上にわたって影響が出た。個人や業務で使用するスマートフォンや携帯電話のほか、宅配便やゆうパックの配達、貨物列車の運行システム、路線バスのICカード決済システム、一部の銀行のATMなどに影響が出た。また、通信障害により、新型コロナウルスに感染線して自宅療養している人と保健所や自治体との間の連絡に大きな影響が出たり、110番や119番などの通報にも大きな影響が出た。

 このような状況を見ると、通信は重要な社会インフラだと思うし、それが使えないと言うことは大きな社会混乱をもたらすことを改めて実感する。このような通信障害が発生しないことが一番だが、残念ながらこれに絶対はない。少しでも混乱を避けるために、今あるものをもっと有効活用することが改めて大事だと思った。では、今あるものは何かというと、固定電話と公衆電話。これらは携帯電話が普及してからは利用の機会は減った。自宅に固定電話がないという方も多いと思う。しかし今回の通信障害に関わりなく使えていたし、公衆電話も以前よりも数が減っているとはいえこちらも健在である。NTTのサイトに公衆電話マップがあり、これを調べてみると、私が住む福島県いわき市には415の公衆電話があり、私の徒歩圏内にも4つ公衆電話があることがわかった。何のことはない、時々買い物に行くコンビニエンスストアやスーパーマーケットにもあるのだ。人は見たいものしか見ないという典型なのかもしれない。普段意識していないから公衆電話があっても目に入っていなかったのだろう。これからは公衆電話を意識しながら買い物や散歩をしてみたいと思う。

政治と選挙は大人の証

参議院議員通常選挙は7月10日(日)に行われます。選挙まであと3週間、各政党の公約が出そろってきました。参議院議員通常選挙は衆議院の総選挙に比べると投票率が低くなる傾向があります。しかし、今回の選挙は、最近の円安と物価高、社会保障、少子化対策、ウクライナとロシアの戦争への対応、安全保障の問題など大事な問題が目白押しになっています。政治は難しい、確かにそうかもしれませんが、今はテレビや新聞、インターネット等のメディアが発達しています。少しだけ時間を割いて、せめて自分が最も関心のある問題だけでいいので、少しだけ各党の公約と自分の考えをマッチングさせてみてはいかがでしょうか?私たち大人は少しでも良い社会を次の世代の人に残す義務があります。そのためにも政治から目を逸らさず、選挙にはぜひ行ってください。

https://www.nhk.or.jp/senkyo/database/sangiin/pledge/

引きこもり大国

 東京都江戸川区(人口約70万人)が15歳以上を対象に行った全世帯調査で、ひきこもり状態の人は少なくとも7919人に上り、24世帯のうち1世帯が該当することが11日、分かった。40~50代が目立ち、期間は10年以上が多いなど「長期高齢化」が鮮明になった。(共同通信)

 すごい数字です。人口70万人の江戸川区に引きこもり状態な人がおよそ8000人、日本の人口が1億2500万人くらいだから、引きこもり状態の人は138万人くらいか。江戸川区の調査によると、引きこもり状態の人の半数近くは30代から50代の働き盛りの年齢の人であった。引きこもり状態の期間は1〜3年の人が最も多かったが、10年以上という人も25%いた。

 引きこもり状態になったきっかけは「長期に療養を要する病気にかかった」「職場になじめなかった」などが目立った。現在の困りごとは「自分の健康」や「収入・生活資金」「家族の健康」との回答が多く占めた。従来、引きこもり状態の人は男性が多いというイメージがあったが、今回の調査では女性の方が多いという結果になった。

 引きこもり状態が長く続いた人ほど社会復帰は困難になる。いきなり就労というのも相当難しいだろう。まずは自宅以外の居場所、ついで短時間の就労、これに並行して生活スキルを学ぶ機会など段階を踏んだ支援が必要になってくる。そしてそれに増して大切なのが引きこもりになりそうな人や引きこもりになりかかっている人をどうサポートするか。日本はこれからも人口減少が都々子ことは確実、少なくなっていく人ひとりひとりをいかに大事にするかが問われてくるだろう。l

遊覧船の明日のために

4月に発生した知床半島の遊覧船事故以来、各地の遊覧船は利用者が減っているという話を聞いた。それ以前も新型コロナウイルスの蔓延で各地の遊覧船をはじめとする観光関連の事業は相当厳しい経営を強いられてきたが、それに追い討ちをかけた形となった。

 今回の知床半島の遊覧船事故は、言葉もないくらいひどい事故だった。40年近く使われた老朽化した船、壊れたままの無線機、運航管理者である社長は事務所に不在、午後から波が高くなることが予想され、他社の人に出航しないよう忠告されていたにもかかわらず出航した船長。とはいえ、全ての遊覧船事業者がそのような状態ではないだろう。 

 貸切バスでは2016年に長野県の碓氷バイパスで起きたスキーバスの事故をきっかけに、貸切バス事業者安全性評価認定制度ができた。この制度は、法令違反や事故発生の状況を評価し、星なしから☆☆☆の4段階で評価するものであり、貸切バスを利用する上で一定の参考になる。

 私はこれまで、箱根の芦ノ湖、松島、三陸の浄土ヶ浜、台湾の淡水、高知の竜串など様々な場所で遊覧船に乗ってきた。船からでないと見られない景色もたくさんあったし、乗り合わせた乗客や乗員の方との楽しい会話もあった。遊覧船にも貸切バスと同じような事業者安全性評価認定制度があれば、優良な事業者についての状況を誰もが知ることになると思う。

戦争はろくでもないが

 昨日の午後、風呂上がりにロシア民謡を聴いていた。日本でよく知られているロシア民謡は、「カチューシャ」、「トロイカ」、「一週間」、「ともしび」などがあるだろう。他に、フォークダンスの「コロブチカ」もロシアの曲である。ロシア民謡の造られた時代は広く、ロシア帝国時代から、20世紀のソビエト連邦になってから作られたものもある。日本では戦前からロシア民謡が知られていたが、1950年代から1970年代に歌声喫茶で広く知られるようになった。私1980年代に小学校生活を送ったが、音楽の授業で「一週間」を歌い、運動会で「コロブチカ」を踊った。大人になってからも時々CDやYouTubeでロシア民謡を聴くことがある。

 日本とロシアの文化的なつながりは意外と濃く、トルストイやドストエフスキーなどのロシア文学を読んだ人は多いと思う。ウオッカ(ただし、ロシアだけでなく、ウクライナやポーランド、ノルウェーなどでも生産されている)やスクリュードライバーやモスコーミュール、ソルティードックなどのウオッカベースのカクテルは日本でも愛飲している人は多いだろう。そして、日本の洋菓子メーカーの中には、ロシア革命で日本に逃れてきたロシア人を起源とするものがあり、日本国内でバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣を広めたのもそのうちの1社だという。

 日本に根付いたロシア文化がこの戦争の影響で排斥されないことを心から願う。そしてそれ以上に、日本に住むロシア人、ロシアに住む日本人が不利な扱いや差別を受けないことを切に願う。

小さな声を集めれば。

 90年くらい前のお話です。ある国が現在ののロシアのように自分勝手な理由をでっち上げて他の国の領土を勝手に奪うという暴挙に出ました。その試みは成功しましたが、世界各国の人々がその国を非難しましたが、それに耳を貸さず孤立の道を歩みました。国内にもその動きを非難する人はいましたが、その国はひどい言論弾圧を行い、その国の人々も戦争に反対する人を助けようとはせず沈黙してしまいました。をして、15年間の戦争という泥沼にはまってしまいました。戦争の結果、その国では国土が焼け野原になり、多くの人命が失われました。またその愚を繰り返してほしくない、どの国の人にも戦争の悲惨さを味合わせたくないと思う。たとえ他の国のことでも沈黙はダメです。戦争に反対する声を上げましょう。わたしたちの小さい声も集まれば力になります。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ