人気ブログランキング ニュース: やえもんのひだまりカフェ

カテゴリー「ニュース」の314件の記事

こんな万博はいかがですか?

 開催まで1年を切った関西万博であるが、いまだに会場付近には電気、ガス、水道などのインフラが十分ではないそうだ。いや、これは驚くべきことではない。これは吉村渾身のギャグで、ガスもねえ、水道ねえ、電気もそれほど通ってねえ、と吉幾三の「おら、東京さ行くだ」を再現した買ったのだろうと思う。あんまり面白くはないし、笑えないけれど。それに増して遅れているのはパビリオンの建設工事だそうだ。なんといまだに施工業者が決まっていないパビリオンもあるそうで、これ、本当に間に合うのと言いたくなる。やむを得ないので、吉村知事にはいろいろ思うところがあるが、大阪の人と食べ物は大好きな私が代替案を提案したい。

 まず、関西万博のテーマを変える。テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」というずいぶんふわっとしたものである。これは即刻破棄して、「ぜんぶ見せます、コンチクショーならぬケンチクショー」にする。これなら工事が終わっていなくても全然構わない。いや、その方がよっぽど好都合だろう。建物が出来上がっていくまでの過程を見たり、会場内を走り回るブルドーザーやクレーン車を見るのは貴重な体験になるだろう。そして、仮設トイレで用を足し、プレハブ製の飯場ならぬエキスポホテルに泊まれば気分も爆上がり確実だろう。もちろんミャクミャクには退場していただいて、黄色いヘルメットに作業着を着た男女のキャラを用意して、そちらに活躍してもらいましょう。これなら建設工事も焦る必要はないから、労災事故の発生確率も減らせそう。もちろん、建設工事の遅れを指摘されることもなくなるから吉村もニッコリ。これは、見る人、工事をする人、吉村、みんなにいい案ですが、検討の余地はありますよ、いかがですか?

上がったね

 最近店に行くたび驚くのは、物価が上がったことである。私はパンが好きなので、ベーカリーのあるスーパーに行くと、ベーカリーを覗いてみることが多いが、最近200円を超える商品が増えてきたなと感じることが多い。ハンバーガー系の商品は300円くらいが当たり前になっている。このくらいなら買うのをやめようとまでは思わないが、1つ減らそうかなとなる値段である。その他の価格で言えば、いつのまにかカップラーメンが200円前後の値段をさほど高いとは思わないようになってきた。

 現在の物価高の要因は、円安と労働者の賃金の上昇である。食料や地下資源の多くを輸入に頼る日本では、通貨安は物価上昇に直結する。現在はアベノミクス以来の通貨安政策で、かなり円安は進んでいて、輸入に頼っている小麦粉や石油、天然ガスなどの物資の価格は上昇を続けている。さらに新興国の経済発展もあり、需要が増えて価格の上昇もある。現在の物価上昇、そう簡単には戻らないだろうと思っている。

 とはいえ、資本主義経済にとって物価上昇は必ずしも悪いことばかりではない。物価上昇に追いつく、あるいは多少上回る賃上げが行われれば労働者の生活は少しずつ向上する。消費者は無駄遣いをする必要はないが、過度に安値志向、節約思考になることなく、メリハリをつけた消費を心がけ、経営者側も物価上昇に見合った賃上げを行い、徐々に生活水準を向上できるようにしてほしい。また、賃上げが大手企業だけでなく、中小企業や個人商店まで及ぶように過度なコストカットや下請けいじめはしないでほしい。みんなが少しづつ公平に幸せを実感し生活水準を底上げしていく。人口減少している日本で多くの人が幸せに生きるためにできることはそこだと思う。

🎵もうどうにも止まらない

 昔、「ロマンティックが止まらない」という歌があったし、「やめられない、止まらない」のかっぱえびせんは健在だけど、今は円安が止まらない。現在は1ドル=157円台に突入しました。円高の時には1ドル=80円という時代もあったので、今の円安はかなりのものです。

 80円が157円になってどうして円安なのと思う方もいると思いますが、1ドルと釣り合う日本円が80円から157円に変わる、それだけ円の価値が安くなると考えればご理解いただくるかと思います。円安になると輸出は有利になりますが、輸入は不利になります。石油や天然ガス、小麦、だいずなど基礎的な資源や食料を輸入に頼る日本経済には非常に厳しい試練になっています。

 具体的にいえば、ガソリン価格の高騰、電気、ガス料金の上昇、食料品の価格の上昇といった形で表れてきます。近所のスーパーのベーカリーに行ったら、パンが軒並み値上がりして、いつの間にかほとんどのパンが200円以上になっていました。パンもおいそれとは買えない時代になってしまいました。同じ小麦を使うラーメン屋さんは1000円の壁に悩んでいます。庶民的な食べ物であるラーメンは、1000円を超えると客離れが進むと言われています。既に近年は800円前後が当たり前になっていて、原材料の高騰と、時給の上昇、そして1000円の壁の間で苦慮しているラーメン屋も多いと聞きます。

 ロマンティックとかっぱえびせんは止まらなくても構いませんが、この円安はどうにか止まってもらいたいものです。

独身男性に幸せと寿命を

 社会科の授業を行うためにはいろいろな調べ物をしなければならない。その中には私が知らなかったことも多く、新たな勉強になることも多い。その中で特に気になったデータを紹介したい。

 現在の男性の平均寿命は、およそ81歳であるが、未婚、既婚、死別、離別で大きな違いがある。最も長いのが死別で、およそ88歳、既婚がおよそ82歳、離別がおよそ73歳、最も短命なのが未婚でおよそ67歳になる。ちなみに、女性の場合、未婚、既婚、死別、離別で大きな差はなかった。

 人間長く生きたから幸せとは限らない。しかし、67歳というのはあまりに早すぎるだろう。67歳という年齢は、両親をようやく見送り、仕事も第一線を退き、年金支給もはじまり、ようやく自分の思っていた生き方ができる年齢だと思う。まだこの世を去るには無念が残る年齢だと思う。そして、さらに恐ろしいことに、健康寿命は平均寿命より9歳若いという法則があり、これを独身男性に適用すると58歳になる。まだバリバリ働くことが求められる年齢で健康寿命が尽きてしまうのだ。

 男性の未婚者が飛び抜けて平均寿命が短い原因は大きく2つあると考える。ひとつは、未婚男性には生活に関わるスキルが低すぎる方がいるのではないかと思う。料理ができなければ外食や弁当に頼る割合が増える。外食や弁当でも、栄養についての知識があれば栄養バランスを保つことができるが、そこすら難しい人が多いのではないかと思う。 

 もうひとつは未婚男性にはコミュニケーション能力が低い人が多いのではないかと思う。「ひとりでいるのが好き」という人は多いが、そういう人も決して孤独が好きというわけではないだろう。男性は年齢が上がると学生時代の友人も疎遠になり、家族や親類も徐々に欠けていく。それでも女性は年齢が上がっても新たに友達をつくることができるが男性はなかなか難しい。孤独は心身を蝕み、寿命の短さにつながるのかもしれない。

 現在、生涯未婚の男性は増えてきており、近い将来、4人に1人が生涯未婚になるとの予測もある。未婚男性が幸せに生きるには、最低限の家事能力や栄養や衛生の知識をつけることは必要不可欠だろう。家事の手伝いというより、一緒にやってできるようにすることが家族の責任だと思う。10代、20代の若いうちに一人暮らしをさせるのも有効な方法だと思う。そして、色々な場に子どものうちから連れて行き、コミュニケーション力をつけさせることも大事だと思う。学生時代の部活動やサークル活動も有効だし、仕事をするようになったら、家族と職場以外の居場所作りも大事だと思う。

誰でも特派員

 アメリカ東海岸のニュージャージー州北部を震源とするM4.8の地震が発生した。アメリカは、カリフォルニア州やワシントン州、アラスカ州など太平洋側が地震が多いことは知られているが、ニュージャージー州など大西洋側での地震は珍しい。この地域ではここ140年で最大規模の地震だという。

 私がこの地震を知ったのは、テレビニュースでもなく、新聞記事でもなく、ネットのニュースサイトでもなく、アメリカに行っていたのプロレスラーのXであった。誰もが発信できるSNSの力を改めて実感した。誰もが発信できること、つまりは誰もが特派員になれるということは、人権侵害や独裁を行おうとする者にとって大きな脅威になる。それがインターネットの最大の効果だと思う。

ロシア、ウクライナ間の戦争に寄せて

 明日でロシア・ウクライナ間の戦争が始まって2年になる。この戦争での死者は諸説あるが、既に少なくとも兵士だけで10万人が死亡したという分析もある。負傷をした人、PTSDなど心に傷を負った人はさらに多くの人に上るだろう。私は戦争を指導した人だけでなく、戦争を煽った人も、戦争で儲けた人も同じように批判する。一刻も早く戦争を終わらせるべきだ。

みんなが幸せになれる方法。

 福島県鏡石町で高齢者が交通事故を起こし、1人が亡くなり、1人が大怪我をした。

 鏡石町で軽乗用車にはねられた男女は、免許合宿で首都圏から来ていた19歳で、教習所を卒業して自宅に帰ろうとしていたところでした。
2人を死傷させた疑いで逮捕された女は、事故直後に「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話していました。
(佐藤世奈記者リポート)
「事故から一夜明け、周辺の規制線はなくなりましたが、建物の入り口は今も閉鎖されています」
JR鏡石駅では16日朝、2人が死傷した現場で手を合わせる人の姿が見られました。
観光交流施設の職員は
「19歳という若さで亡くなったというのは非常に残念ですね。車は凶器ですね」
事故があったのは、15日午後4時前。
この時間帯、現場近くの防犯カメラには。
教習所の送迎車から降りた19歳の男女2人に軽乗用車が突っ込み、はねられた埼玉県の大学生星野友哉さん(19)が死亡し、神奈川県の女子大学生(19)も頭の骨を折るなどの大けがをしました。
2人は、免許合宿の卒業検定を終えて、自宅に帰ろうとしていたところでした。
警察は、運転していたパート従業員の女(72)を現行犯逮捕。
容疑を過失運転致死傷に切り替えて捜査を進めています。
当時現場にいた人は
『奥さん、どうしたの?って言ったら、「ブレーキとアクセルを踏み間違えちゃってね」って、』そして、パニックで、聞きようにも何も無いです。自分でどこかに連絡したくてもパニックで、携帯もどこ押していいか分からない状態、泣いてて』と話していました。
目撃情報によると、容疑者の車は駅に向かう道路を直進し、スピードを緩めることなくロータリーに出口側から入って駅舎に突っ込んだということです。
現場にブレーキ痕は残っておらず、警察は女がアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性が高いとみています。
今回の事故を受けて、警察は急きょ免許センターで70歳以上の免許更新を行ったドライバーに向けて、踏み間違いへの注意や自主返納の検討などを呼びかけました。(KFB 福島放送)

 このような事故が起きると、運転免許を定年制にしろとか、高齢者から運転免許を取り上げろという議論になる。なるほど、そうすれば確かに高齢者による事故は減る。しかし、すべての高齢者が事故を起こすわけではないし、全ての高齢者が家族の送迎などな使えるわけではない、さらに電車やバスなどの公共交通機関がどこでも走っているわけではない。そのあたりの事情を無視して一括して高齢者から運転免許をとり上げるというのは、いささかではなく、恐ろしく乱暴な議論だと思う。もし、あなたが今若くて運転ができるとして、70歳、75歳、あるいは80歳になったとき、身体機能や認知機能がどれだけ衰えるのか想像できるのだろうか、あるいはそれらの衰えを感じたときに、すっぱりと車の運転を諦められるのか、じっくり考えてほしい。

 この問題は、車の都合に人間が合わせる、強いものの都合に弱いものは合わせるのではなく、人間の都合に車が合わせる、弱いものの都合に強いものが合わせることが必要だと思う。具体的に言えば、今の車は高齢者には危険な要素が多いということだ。まずはペダルの問題、かつてMT車が多かった頃は、右足でアクセルペダル、ブレーキペダルを踏み、左足でクラッチペダルを踏むことが前提で設計されていた。1980代からAT車が増え、クラッチペダルのない車が多くなったが、それでも、右足でアクセルペダルとブレーキペダルを踏むように設計されている。ここに踏み間違いを誘発する原因があると思う。思い切って、ブレーキペダルを左に寄せて、右足でアクセルペダル、左足でブレーキペダルを踏むようなレイアウトにしてもいい。あるいは、最近はチェンジレバーではなく、ボタンでシフトできる車も増えてきたから、アクセルペダルを廃して、手で操作するアクセルレバーにしてしまうのも良いと思う。また、後退時は速度を抑えるようにしたり、発進時はアクセルペダルを強く踏み込んでも加速がゆっくりになる制御を取り入れるのも良い方法だと思う。思わぬ加速をすると人間は恐怖心で固まって正常な運転操作がしにくくなるものだ。発進から最初の10秒ぐらいは自転車程度の加速にしてしまうのも一つの方法だろう。もちろんそんなトロい運転をされたらたまったものではないと思う方もいると思うが、あなただって小さな子供の頃はちょろちょろ走り回ったり、鳴き声をあげたりして周囲に相当気を使わせてきただろう。そしていずれ高齢者になってトロい運転をするようになる。お互い様なことだ。そういう優しさが高齢者の事故を減らすものだと考えればみんなが幸せになれるのではないかと思う。l

避難所にいる皆様へ

もうすぐ能登半島地震の発生から2週間近くになります。体育館や公民館、ビニールハウスなどで避難生活を送っている方も多くいらっしゃるかと思います。私も東日本大震災で勤務していた学校が避難所になり、避難された方のお手伝いをした経験から少し参考になればと思います。

・高齢者など、避難所での生活は運動不足になりやすいです、周囲の方が言葉掛けをして運動を促すようにしてください。また、トイレが近くなることを気にして水分摂取を控える人もいますが、健康面を考えて水分摂取を促がしてください。

・トイレなど、多くの人が利用するので不衛生になりがちです。交代で掃除をするとともに断水さしている地域ではアルコールティッシュやアルコールスプレーなどを活用してください。

・子どもたちも疲れやストレスが溜まっています。子どもが、のびのびと遊べるスペースや時間帯を設定してください。

・食べきれなかった食事をとっておく人がいますが、衛生面から廃棄したほうがいい場合があります。

・災害から日が経つとさまざまな人が被災地に入ってきます。中には良くない人もいます。特に女性のトイレや着替えなどは十分気をつけてください。

もうすぐ2週間

 1月1日に発生した能登半島地震からもうすぐ2週間になる。消防庁のまとめでは、この地震で亡くなった人は213人、怪我をした人は739人、全壊した家屋は655棟となっている。また、道路の寸断などで多くの地域が孤立している。富山県と石川県では今なお6万戸が断水している。固定電話、携帯電話は、石川県輪島市、珠洲市を中心に使用できない地区がある。その他、七尾市にある北陸電力の火力発電所が地震の影響で運転停止をしているが、今のところ電力供給には十分な余裕は確保されている。気がかりなことは、多くの人が体育館などで避難生活をしていて、プライバシーが十分に確保されない中、寒い体育館での生活は過酷なものになると思う。また、病院や高齢者や障がい者の福祉施設も停電や断水で十分なケアができない状況にあり、既に避難所では新型コロナウイルス感染症やインフルエンザの集団発生が見られるなど深刻な状況になってきている。

 ここで、被災地、とくに能登半島の方々に決断していただきたいことが、遠方への広域避難である。既に全ての都道府県が被災地の方々の受け入れを表明している。遠方に家族や親族のいる方は、高齢者や乳幼児、妊婦、障がいのある方、その他健康に不安のある方は是非とも検討していただきたい。また、これまで長年地元で暮らして築いてきた親族や地域の人間関係をできるだけ残したまま避難できるような方法があれば、非常に好ましいと思う。東日本大震災で避難した人などの話を聞くと、プライバシーも大事、物も大事、お金も大事だが、それ以上にいつもそこにいる顔馴染みである親族や地域の人との関係が最も心の支えになったと聞く。政府や自治体、企業、各種団体などみんなで知恵を出し合って少しでも人的な被害を少なくしていくようにしたい。

誰を優先すべきか、何を大事にすべきか

 1月2日、またも衝撃的な事故が起こった。前日の石川県能登半島の地震で既に正月気分も吹き飛んでいた人も多いと思うが、今回の事故も衝撃的だった。夕方の羽田空港で新千歳発羽田行きの日本航空の旅客機と能登半島地震の救援物資を輸送するために新潟へ向けて出発しようとしていた海上保安庁の輸送機が滑走路上で衝突した。この事故で、日本航空機の乗員。乗客379人中12人が怪我をした。海上保安庁機は乗員6名中、5名が死亡し、1名が怪我をした。

 事故の詳しい原因は調査中だが、海上保安庁機の離陸許可をめぐって管制側と海上保安庁機側との間に認識の違いがあったことは確かなようだ。このような滑走路上での衝突事故は、世界でも度々起きていて、1977年にはスペインのテネリフェ・ノルデ空港でパンアメリカン航空機とKLMオランダ航空機が滑走路上で衝突して、570人以上が死亡する事故も起きている。今回の事故では、海上保安庁機に5名の犠牲者が出たものの、日本航空機の方には1名の犠牲者も出さなかった。操縦士の落ち着いた操作と客室乗務員の適切な対応があった実現したことだと思う。しかし、日本航空機に搭乗していた人間は全て生還したが、貨物として搭載されていたペットが2匹死亡した。

 今回の事故をきっかけに、ペットを飼っている人の間から、ペットを客室内に同行し、事故の際は一緒に避難できるように求める意見がXなどを中心とした場で議論されている。ペットを飼っている人にしてみれば、ペットは家族同然の存在なのだからそのような意見が出ることは一応の理解はできる。しかし、犬や猫などの動物が嫌いな人はいるし、アレルギーを持っている人もいる。どのような動物を持ち込めるか制限は難しい。犬や猫は客室内に持ち込めるとして、コブラを飼っている人が客室内に持ち込めないのは差別だと言い出すようになるかもしれない。さらに、事故が起きた場合、手荷物は全て置いて体一つで脱出するようになっているが、その時にペットを置いて逃げるという選択をすることは相当難しい問題だと思う。仮に、誰か1人がペットを連れて逃げようとしたら、他の人もペットを連れて逃げる、あるいは手荷物を持って逃げようとすることだって起きるかもしれない。そうなれば収取のつかない事態になるかもしれない。以上のような理由で、私はペットの客室内への同行は難しいと思う。ただし、以前別の会社で貨物として預かった犬が熱中症で死亡したことがあった。ペットにとって少しでも快適で安全な環境にする必要はあると思う。だからと言ってペットのために人間の安全が脅かされることがあってはならない。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ