カテゴリー「ニュース」の272件の記事

戦争はろくでもないが

 昨日の午後、風呂上がりにロシア民謡を聴いていた。日本でよく知られているロシア民謡は、「カチューシャ」、「トロイカ」、「一週間」、「ともしび」などがあるだろう。他に、フォークダンスの「コロブチカ」もロシアの曲である。ロシア民謡の造られた時代は広く、ロシア帝国時代から、20世紀のソビエト連邦になってから作られたものもある。日本では戦前からロシア民謡が知られていたが、1950年代から1970年代に歌声喫茶で広く知られるようになった。私1980年代に小学校生活を送ったが、音楽の授業で「一週間」を歌い、運動会で「コロブチカ」を踊った。大人になってからも時々CDやYouTubeでロシア民謡を聴くことがある。

 日本とロシアの文化的なつながりは意外と濃く、トルストイやドストエフスキーなどのロシア文学を読んだ人は多いと思う。ウオッカ(ただし、ロシアだけでなく、ウクライナやポーランド、ノルウェーなどでも生産されている)やスクリュードライバーやモスコーミュール、ソルティードックなどのウオッカベースのカクテルは日本でも愛飲している人は多いだろう。そして、日本の洋菓子メーカーの中には、ロシア革命で日本に逃れてきたロシア人を起源とするものがあり、日本国内でバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣を広めたのもそのうちの1社だという。

 日本に根付いたロシア文化がこの戦争の影響で排斥されないことを心から願う。そしてそれ以上に、日本に住むロシア人、ロシアに住む日本人が不利な扱いや差別を受けないことを切に願う。

小さな声を集めれば。

 90年くらい前のお話です。ある国が現在ののロシアのように自分勝手な理由をでっち上げて他の国の領土を勝手に奪うという暴挙に出ました。その試みは成功しましたが、世界各国の人々がその国を非難しましたが、それに耳を貸さず孤立の道を歩みました。国内にもその動きを非難する人はいましたが、その国はひどい言論弾圧を行い、その国の人々も戦争に反対する人を助けようとはせず沈黙してしまいました。をして、15年間の戦争という泥沼にはまってしまいました。戦争の結果、その国では国土が焼け野原になり、多くの人命が失われました。またその愚を繰り返してほしくない、どの国の人にも戦争の悲惨さを味合わせたくないと思う。たとえ他の国のことでも沈黙はダメです。戦争に反対する声を上げましょう。わたしたちの小さい声も集まれば力になります。

クリスマス前に

 20年くらい前に「世界がもし100人の村だったら」という本があり、かなり話題になりました。
 食料に関してはこんなことが書いてありました。「100人のうち20人は食料が十分でなく、1人は死にそうです、でも15人は太りすぎです」。富については、「全ての富のうち、6人が59%を持っています。74人が39%を、20人が2%を分け合っています」。
 簡単に言えば、生まれた国や社会階層で大きな格差があり、細かい数字に関しては20年前と今ではだいぶ違うのかもしれませんが、大まかな傾向は変わっていないのだろうと思います。地球上には十分な食糧が得られない人、きれいな水が得られない人、病気や障害があるのに医療が受けられない人がいます。戦争や犯罪で命が脅かされている人がいます。
 もうすぐクリスマス、そして新年。少しでも多くの人が希望のある年末年始を送れることを祈っています。

札幌の衝撃

 「札幌の1月、-3.2℃の衝撃」と言っっても何のこっちゃと思うだろうが、私には非常に衝撃的な数字だった。いや、正確に言えば恐ろしい数字と言った方が正しいだろう。

 今をさかのぼることおよそ1月前、理科の授業で使う資料を作っていた。日本各地の夏と冬の気温と降水量を比較し、特徴をまとめようという内容であった。那覇は南西諸島の気候代表、東京は太平洋側の気候代表、金沢は日本海側の気候代表、札幌は北海道の気候代表に選んだ。ちょうど今年気象庁の平年の気温・降水量が改定されたばかりであったから、それまでのデータとどのような違いがあるかに個人的な興味もあった。平年の気温・降水量は10年ごとに改定され、現在は1991年〜2020年の平均をもとに算出されている。この数字をもとに天気予報などで「平年より降水量が多い」や「平年より暑い夏」などと報道されるのである。那覇、東京、金沢と平年の気温・降水量を調べ終わって、残るは札幌、これが終わったら冷たいお茶でも飲んでゆっくりしようと思っていた。わたしの学校の職員室はこの夏はエアコンが効かず、今年の9月はとにかく暑かった。

 「うそ!」思わずつぶやいてしまった。札幌が最も寒くなるのが1月、その月平均気温は-3.2℃。私が小学生だった1980年代前半の札幌の冬は-5℃くらいで、「さすが北海道、気合の入った寒さだ」と思ったものである。気象庁の過去の気温データを見ても、1922年の1月の平均気温-10.2℃を筆頭に厳しい寒さが当たり前だった。戦後は徐々に気温が上昇してきたが、1978年2月の平均気温が-7.6℃など厳しい寒さが当たり前だった。21世紀に入ると、2001年2月の-5.5℃を最後に月平均気温が-5℃を下回ることがなくなった。

 熱帯や温帯、冷帯などの気候には定義があり、ケッペンの気候区分では冷帯に定義されるには最も寒い月の平均気温が-3℃未満、最も暖かい月の平均気温が10℃以上で、乾燥限界以上の降水があることとある。日本の場合どこに行っても雨や雪は降るから乾燥限界は考えなくていいが、問題は気温、現在の最も寒い月の平年の気温が-3.2℃なので、あと0.2℃上昇すれば札幌は温帯になることになる。函館、松前、江差、伊達、室蘭などは既に温帯になっている。北海道=冷帯というのは既に過去の話になっている。一方沖縄県も徐々に熱帯になる地域が増えてきている。

 気候の変動は人為的なものがなくても起きうる。海流や風、太陽の活動、火山の噴火などでも変わる。しかし20世紀後半からの気候の変動はペースが早いと感じている。そうなると何らかの人間の活動が原因となっていることは間違い無いと思う。気候の変動は動物や植物への影響が多いし、私たちもその影響から逃れることはできない。今からでもできることはきっとあるはずだと思う。

我々はIOCの道具ではない

 会期が迫った東京オリンピック、パラリンピックについてIOC(国際オリンピック委員会)の役員による発言が波紋を広げている。5月19日にはバッハ会長が、「日本人には粘り強い精神力、逆境に耐え抜く精神力があるからオリンピックの開催は可能だ」という趣旨の発言をした。次いでコーツ調整委員長が「東京都が緊急事態宣言オリンピックを開催する」と発言。22日にはバッハ会長が「オリンピック開催には犠牲を払わなければならない」と発言して物議をかもした。この発言の趣旨は、犠牲を払うのは日本国民ではなくオリンピック関係者ということだそうだが、この発言を不快に思った方は少なくなかったと思う。

 日本の現状は新型コロナウイルスの第4波のピークを少し越えたばかりで、新規感染者は若干の減少が見られているが、重症者や病床使用率はまだまだ高止まりしているし、北海道や沖縄県は新規感染者が多いままになっている。そのような状況下でオリンピック関係者のために病床を開けてくれという依頼が政府から複数の県知事にあったようだが、断った県知事があると聞く。そりゃそうだろうと思う。冷静な目で見て現在の日本はオリンピックを開催できる状況にはない。

 それではなざIOCは東京オリンピックの開催にこだわるのだろうか。おそらくは金なのだろうと思う。オリンピックの放映権料は莫大で、各国のテレビ局等から数千億円の放映権料を徴収し、それをIOCの運営費や各競技団体への分配金にしている。オリンピックは巨大なスポーツイベントであると同時に巨大なビジネス案件でもあるのだ。それを悪いこととは言わない。しかし、多くの懸念の声に耳を貸さず金のために突き進む姿は醜悪の一言に尽きるだろう。

 文部科学省の資料によると、東京オリンピックの選手は11,090人、パラリンピックの選手数は4,400人。これに役員やメディア関係者が加わる。彼らが入国する時にもれなくPCR検査などを行うことができるのだろうか。入国後の行動を把握することができるのだろうか。彼らの中に海外から新たな変異株を持ち込むことがないのか、そして選手村の中で集団感染が起き、彼らが帰国して世界中に新たな変異株を世界中に広げることはないのか。もしかしたら日本はオリンピックが開催される頃には再び感染者が増加に転じていることも考えられる。もしそうなれば感染力の強いインド変異株になる可能性がある。オリンピックの選手や関係者のために日本国内の感染者の入院が困難になることだってあり得ないとはいえないだろう。引き返すならまだ間に合う。私たちはIOCの金儲けの道具ではない。

あれから1年半。

 中国で新型コロナウイルスの感染者が発見されたのは2019年11月、その後感染は世界中に広がった。現在地球上の総人口はおよそ78億人で、これまでに新型コロナウイルスに感染した人の累計は1億6200万人、そのうち亡くなった人の累計は340万人、大雑把にいえば世界の総人口のうち50人に1人が感染したと言えるだろう。最も感染者が多いのはアメリカの3300万人、次いでインドの2400万人。以下、ブラジルの1600万人、フランスの580万人、トルコの510万人、ロシアの490万人、イギリスの490万人、イタリアの410万人、スペインとドイツの360万人と続く。死者はアメリカで59万人、フランスの43万人、インドの27万人、メキシコの22万人イギリスの13万人、イタリアの12万人、フランスの12万人と続く。

 日本は5月15日現在の感染者は68万人、死者は1万1000人となっている。日本国内で現在入院や療養をしている人数はおよそ7万3000人、そのうち重症者は1200人、退院や療養解除となったのは58万人。この感染拡大はどこまで続くか分からないが、そう簡単に終わるとは思えない。わずかに希望があるとすれば、ワクチン接種が進んできた国では徐々に感染者の減少が見られることである。日本では2回目の接種が終わった人はおよそ160万人、人口の1%を少し越えたくらい。まだまだ先は長そうだ。

 とにかく皆さん、人混みを避ける、マスクをつける、消毒を徹底するなど、できる限りの感染対策をしてください。今はこの危機を1人でも多くの人が生き延びることを願っています。どうか政府や経済界の皆さん、富や社会資源をできるだけ公平に分配して多くの人が生活の心配をしないで済むようにしてほしいと思います。

言語道断

 日本国憲法第1条には、「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」と規定されている。主権とは国民が政府(国だけでなく、都道府県、市町村、特別区)の権力の源であり、国民の意思によって運営される。簡単に言ってしまえば、国民が国の主人公であるから、選挙によって国民が自分の意思を示し、それによって国会議員や、都道府県知事、都道府県議会議員、市町村長、特別区長、およびこれらの議会の議員が選ばれる。選挙だけでは国民の意思を十分に生かすことができないこともあるので、憲法では都道府県知事や市町村長、都道府県議員、市町村議会議員などに対して、有権者の一定数以上の署名があれば解職(簡単に言えば、うちの市長は住民の話をさっぱり聴かずに独りよがりなことばかりしているとなれば、クビにしてくださいと請求ができる)を請求することができ、その署名が一定数以上に達すると住民投票で解職するかどうか決めることができる。 

 この制度は民主主義を守り、国民の意思を反映させるためには非常に大事なことであるが、一つ間違えば自分の気に入らない人物を陥れることもできる危険性もある。愛知県の大村英章知事に対する解職請求の署名では、驚くべきことに43万5000筆の署名のうち36万2000筆以上の署名が本人の意思ではなく第三者によって勝手に書かれたものであったり、既に死亡している人物の名前が記入されたものであった。不正な方法で解職請求するというのは言語道断であり、署名活動の中心となったと思われる高須克弥医師をはじめ、関係者は真相を明らかにしてほしい。

2021今変革の時


 自動車業界は大きな激動の中にあると言って間違いないだろう。
 新型コロナウイルスの感染拡大は様々なイベントに影響を与えたが、1月の東京オートサロンはカスタマイズカーの好きな人にとっては残念な話だろう。秋に行われる東京モーターショーもかなり「密」になるイベントなの感染状況次第では予断を許さないだろう。
 自動ブレーキの搭載義務化は歓迎すべきことです。大きな流れとしては完全自動運転に向かっていますがまずは自動ブレーキなどの運転支援で交通事故の減少を期待したいです。
 歴史ある車種、例えばトヨタのプレミオは前身のコロナの時代から長く日本のファミリーカーの代表的な存在だったし、ホンダアクティも長い歴史がある。寂しい話だが今後もら各メーカーが利益が見込め、自社の得意な分野への「選択と集中」は進むだろう。
 車の電動化の流れは止まらないだろう。電動化とはテスラや日産リーフのようなバッテリー電気自動車やトヨタ・ミライのような燃料電池車だけでなく、ハイブリッド車も含む。当面はハイブリッド車が中心になるだろう。電動化が進むことによって走行によって排ガスの二酸化炭素などが減ることが期待される。懸念されるのはは電動化による車両価格の高騰。スズキの軽自動車に使われているマイルドハイブリッド車は同じような装備のガソリン車と比べて70〜10万円程度高い。この差を大きいと感じる人は多いだろう。そして、電動化の進展とともにマニュアルトランスミッション車の減少も進みそうだ。
 F1 に日本人選手がら参戦するのは嬉しいニュース。中嶋悟さんや鈴木亜久里さん、片山右京さんが参戦していた時代を知るものとしては期待します。

 大きな時代の変化は危機でもあり、チャンスにもなる。現在は電動化や自動ブレーキ、自動運転に加えて、新型コロナウイルス感染症蔓延による社会と経済の変化という不確定要素もある。それでも各メーカーからどんな車が出るのか、ひとりの車好きとして期待しています。

未来をひらく燃料電池バス

 新常磐交通(福島県いわき市)が4月から運行している燃料電池バス「SORA」に乗りました。燃料電池バスは、水素と酸素の化学反応で電気を起こし、モーターで走るバスです。ディーゼルエンジンで走るバスと比べると排ガス中に窒素酸化物や二酸化炭素を含まないので環境負荷が少なく、電気(充電式)バスと比べると短時間でエネルギーの補充ができることが大きなメリットです。

 実際に乗ってみると快適性の高さに驚いた。ディーゼルエンジンだと振動がつきものだが、それがない、そして静か。インテリアも格段の進歩を遂げていて、ライトグレーとブラック基調のインテリアにライトブルーのシートは清潔感があり、シートバックの素材を薄くても硬くない素材に変えたことで、前のシートとの間隔が広くなった。車内のポールや天井も曲線的なデザインを用い、柔らかな印象になった。

 燃料電池バスは、現在、いわき駅〜郷ヶ丘〜鹿島ショッピングセンター(一部の便のみ)〜船戸イオンモール小名浜(一部の便のみ)〜小名浜車庫間で運用されている。これからこのようなバスが広まり、人と地球に優しい交通機関として親しまれることを願っています。

怪我の功名

 

https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201021_ho01.pdf

 JR東日本は新型コロナウイルス感染症の流行による利用者の減少と、夜間に行っている線路などのメンテナンスの作業環境の改善のため、首都圏の主要路線で最終電車の繰り上げと始発電車の繰り下げを2021年春のダイヤ改正から実施すると発表した。最終電車の繰り上げが行われるのは、山手線、京浜東北線、東海道線、横須賀線、横浜線、中央線(快速)、中央・総武線(各駅停車)、埼京線、高崎線、宇都宮線、常磐線など17路線。始発電車の繰り下げを行うのは京浜東北線、根岸線、中央・総武線、常磐線(快速・各駅停車)である。

 例えば新宿駅の山手線を例にすると、渋谷方面の内回りは 現在1:00の大崎行きが最終電車だが、19分ほど繰り上げになる。池袋方面の外回りは現在1:00の池袋行きが最終だがこちらは16分ほど繰り上げになる。もっとも影響が大きそうなのは高崎線で、上野発23:46の新前橋行きの最終電車が籠原(熊谷のひとつ先の駅)止まりになり、新前橋行きの最終電車は37分ほど繰上げになる。

 少し前まで山手線などの都心部の路線の終夜運転などが言われていた時期もあったが、新型コロナウイルスの流行と昨今の労働力不足はそんな状況を一変させた。利用者としては不便になるが、これも時代の変化と捉えるしかないだろう。ただ、これで終電までの長時間労働を強いられている人が少しでも早く帰ることができるのならそれは怪我の功名なのかもしれない。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ